アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

そもそもアトピーって?

アトピーを治すにはまずアトピーについて知る必要があります。
アトピーの症状は次のような症状です。

  1. 皮膚に炎症や湿疹、かゆみを生じる
  2. 色素沈着したり、乾燥して皺のようになる
  3. 敏感肌になって鳥肌のようになる

アトピーを発症する原因は食事、ハウスダスト、塩素、化学物質、ストレスなどさまざまあります。
そもそもアトピーはアレルギー疾患ですから、アレルゲンが体内に侵入することが原因で発症するわけです。

人間の体には、病気にならないように体を守る機能である免疫機能を持っています。
病原体などの異物が体内に入ると、体は異物を認識し、再び同じ異物が入ってきた場合には、異物を排除しようと免疫が働きます。
このアレルギー反応こそ、アトピーの原因なのです。

アトピーに深くかかわっているのがI型アレルギー反応ですが、その中心的な働きをするのがIgという抗体です。
Ig抗体にも種類があり、そのうちアレルギー反応を起こすのは、IgE抗体です。
IgE抗体は、食べ物や糞、ホコリやダニ、動物の毛やフケなどの異物に対抗するために作られます。
IgE抗体は血液を通して全身に広がりますが、肥満細胞などとくっついたIgE抗体は異物と結合すると、ヒスタミンやロイトコリエンなどの化学伝達物質を放出します。

このヒスタミンなどが体の各部にわたり、皮膚や呼吸器、消化器などにアレルギー症状を発症するわけですが、アトピー性皮膚炎はこのアレルギー反応が皮膚で起こった状態をいいます。
このヒスタミンこそアトピーのかゆみの原因です。

アトピー体質の人はIgE抗体を過剰に作りだしてしまうため、
アトピー以外にもさまざまなアレルギー疾患を発症するわけです。
アレルギー反応が皮膚に起こると、その部位にさらに好酸球や好中球が集って炎症がひどくなり、
炎症反応という形になります。

アトピーの原因であるアレルゲンを特定し、対処していくことがアトピーを克服するために必要だといえます。

治療によく用いられる「ステロイド軟膏」はなるべく使わないようにしましょう。
適切に使えば有効な治療薬ですが、怖いのはその副作用です。

なお皆さんがよく食べている玉ねぎがアトピーに効くのをご存じですか。
玉ねぎには抗酸化作用や抗炎症作用がある上、オリゴ糖が含まれているので腸内環境を正常化することも出来ます。

玉ねぎの効能についてはこちらをご覧ください。