アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

アトピーは皮膚のバリアが弱っている

アトピーは乾燥肌で皮膚のバリア機能が弱っていると聞きますが、皮膚にはどのような働きがあるのか考えてみましょう。

皮膚には角質層という層がありますが、この角質層には体内の水分の蒸発を防いで、皮膚を保湿する機能をもっています。
またアレルゲンなどの異物が体内に侵入するのを防ぐ働きも持っています。
角質層は角質細胞が連なってできているのですが、角質層の細胞間には脂質が接着剤のような働きをして、すき間を埋めています。

さらには角質層の表面に皮脂膜という脂成分で覆っているわけです。
細胞間脂質にはセラミドや脂質を中心とした成分で出来ており、その中に水分を含有しているのです。

このようにして角質層はバリアを張り、ダニやハウスダストなどのアレルゲン、細菌の侵入を防いでいます。
アトピーの人の肌は乾燥していますが、原因としてセラミドが不足していることが考えられます。

また皮膚膜も減少し、角質層に含まれる水分が蒸発して、乾燥敏感肌になるのです。
セラミドが不足すると細胞間にすき間が生じ、異物が体内に入り込みます。
体内には免疫が備わっているため、異物を攻撃するのですが、過度にアレルゲンが入ってくると、抗体に過剰な免疫機能が働き、アトピーに発症するというわけです。