アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

食事で体質改善しよう

アトピーの原因が食事である場合、その原因である食べ物を摂取しないことがまず大切です。
ではアトピーによい食事はなにかというと、やはり腸内環境を正常化し、皮膚に栄養を与える成分が含まれている食べ物がアトピーにはよい効果をもたらします。

腸内環境を正常化するのは、野菜や果物などの食物繊維と乳酸菌があります。
食物繊維は老廃物を排出し、乳酸菌は善玉菌を増やして腸内環境を整えます。

また皮膚に栄養を与える成分はビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEなどです。
ビタミンCはコラーゲンと一緒に摂取するとなお皮膚によい影響を与えます。
ビタミンB2は野菜やしいたけ、レバー、牛乳などに含まれます。
またビタミンB6は肉類や赤身の魚、レバー、牛乳、ビタミンEはうなぎやアーモンドなどに含まれます。

人によってはアレルゲンとなる食品も含まれてますが、大切なことはバランスのよい食事といえます。
アトピーは健康で免疫力の強い体には発症しにくい病気ですから、栄養をバランスよく取ることでアトピーは克服できるのです。