アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

上手なステロイドの止め方

ステロイドはアトピー治療には有効な治療薬ですが、その副作用が怖いというかたもいるでしょう。
ステロイドの副作用には皮膚萎縮や毛細血管拡張、ニキビ、多毛、感染症の併発などさまざまあります。

これはステロイドの長期使用により、皮膚の免疫機能が低下し、あるいはホルモンのバランスが崩れて発症するのです。

できればステロイドの使用は2週間までに抑えましょう。
しかしアトピーの炎症がきれいに治っていないのに急にステロイドを止めると、リバウンドが起こります。

今まで抑えられていた炎症やかゆみ、抗体の働きが一気に爆発するわけですから、当然の結果です。

脱ステロイドは、ステロイドの服用量や強さを徐々に減らしていくことが大切です。
治らないからといって、強いステロイドを使ったり、服用量を増やしたりするのは、ステロイドを長期化させる原因になります。

ステロイドを使用しながら、他の対策を講じつつ、アトピーの原因を根本から治療していくことが理想です。