アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

上手なお風呂の入り方

アトピーのスキンケアは皮膚を清潔にすることが大切ですので、
お風呂に入ることは欠かせません。
アトピーによいはずの入浴がなぜアトピーを悪化させるのでしょうか。
その原因はいくつかあります。

  1. 塩素による皮膚の乾燥
  2. 皮膚が温まることによるかゆみ
  3. 洗浄力の強い石鹸で皮脂まで落としてしまう


理由はいろいろありますが、主要な原因は上記の通りです。
日本の水道水には海外に比べ、多くの塩素が投入されています。
塩素により、バクテリアや大腸菌が繁殖しないのはよいことですが、
塩素は人間にとっても有害です。
塩素は皮膚の細胞を破壊し、乾燥させます。
乾燥した皮膚はバリア機能が低下し、外部刺激に弱くなってしまいます。
そこに洗浄力の強い石鹸やボディーソープなどを使うと、
肌はさらに痛んでしまいます。また体が温まるとアトピーはかゆくなります。

対策としては、次のような方法が考えられます。

  1. 塩素を除去する
  2. 無添加低刺激の石鹸を使う
  3. ぬるま湯にする

塩素を除去するには、シャワーヘッドを交換することで対策できます。
またお風呂に溜めたお湯はビタミンCの入った入浴剤などで塩素を中和できます。
毎日浴びる水道水ですから、塩素の量、頻度も相当なものです。
髪がきしきししたり、皮膚がヒリヒリするのはもしかしたら塩素のせいかもしれません。
また石鹸だけでなく、シャンプー、洗顔料も刺激の少ない、無添加のものを選ぶようにしてください。
合成界面活性剤や防腐剤などが含まれていると、アトピー肌の炎症は悪化します。
必要な皮脂まで取ってしまうため、頭皮にもよい影響を与えないでしょう。
またお風呂の温度は38℃〜40℃がアトピー肌にはよいとされています。
入浴も色々と気を付けることで、アトピーに与える影響は大きいと思います。