アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

アトピー治療に新薬完成の期待が集まる

長年悩まされるアトピー性皮膚炎ですが、厄介なのはアトピーは根本的には治らないということです。
アトピーの治療にはステロイド剤が処方されるが、一時的に炎症とかゆみを抑えるだけなので、
根本的な解決にはならないというのは有名な話です。

最近ニュースでも登場していますが、京都大のチームが皮膚の保護を促進する化合物を発見したとのことです。
アトピーの治療薬として期待されますが、その効果とはどのようなものなのでしょうか。
アトピーに人の肌は皮膚のバリア機能が低下していることによる異物の混入が原因とされています。
実はこの皮膚を保護するのにフィラグリンというたんぱく質の働きが関わっていることが分かっています。
アトピー患者のほとんどはこのフィラグリンが低下しており、このフィラグリンを増加させることが
アトピーの改善に役立つといわれています。
このフィラグリンはたんぱく質の一種で皮膚の角質層を形成し、健康なお肌を取り戻すのに有効な成分なのです。
京都大のチームはJTC801という物質が培養表皮細胞のフィラグリンを増加させるとし、マウス実験に成功しています。
このフィラグリンの増加を促進することにより、アトピーの炎症を改善させると世界で初めて証明されたそうです。
今後の研究でアトピーの治療に有効な新薬が登場する期待が高まりました。