アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

皮膚に住むカビがアトピーを悪化させる

汗をかくことで皮膚を保湿し、新陳代謝を活性化させてアトピーの改善に貢献すると
私は考えていますが、なぜアトピー患者に汗が毛嫌いされるのか、それには原因があります。
汗をかくとアトピーの炎症部はかゆみを伴います。これは汗に塩分が含まれており、
しみるからだという感じもしますが、実はグロボーサという菌が関係しているといわれます。
このグロボーサは汗とともに体内に侵入すると、タンパク質を合成し、
アレルギー反応を起こしてしまうと考えられています。
当然ヒスタミンも分泌されますので、汗でかゆみが生じます。
そのために汗をよくかく肘や膝、首などがかゆくなるのです。
アトピーでない人の体内にこのグロボーサから作られたタンパク質が侵入しても、
アレルギー反応を起こしません。
一般的には汗をかくことで保湿されますし、ターンオーバーにより、
皮膚の健康にはよいものなのです。
アトピーの人は皮膚を清潔な状態に保ち、汗をかいたらすぐ拭くようにするとよいでしょう。