アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

お肌によいものを使おう

アトピーは乾燥肌であり、敏感肌であることが特徴です。
アトピー肌は皮膚がボロボロになっており、傷つきやすくなっています。
肌に直接触れる下着や衣類にも気を付ける必要があります。

羊毛や絹などの繊維は接触性のアレルギー反応を起こしやすいので、肌に合わないようであればなるべく使用しないようにしましょう。
できれば、吸水性のよい綿素材が刺激が少なく、アトピーの敏感肌には有効です。

また、洗顔や手洗い、入浴で使う石鹸も弱酸性の低刺激のものをしっかりと泡だてて使うようにします。
あまり洗浄力の強い石鹸は皮脂まで洗い流してしまい、皮膚が乾燥する原因となります。

刺激や乾燥はアトピーを悪化させる原因となります。
石鹸以外にもシャンプーや洗剤も低刺激なものを選ぶようにしましょう。

また入浴後はすぐに保湿剤を使って皮膚を保湿しますが、化粧水も弱酸性のものがよいでしょう。
化粧品には防腐剤が含まれていることがありますが、パラベンなどの防腐剤は、皮膚に湿疹が出ることも多いので、成分をよく確認するようにしてください。

クリームや乳液はなるべく自然に近い成分である植物由来のものを選ぶようにしましょう。
化粧品は接触性皮膚炎を発症することが多く、アトピーを悪化させて、かゆみや炎症がひどくする原因となります。