アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

ハウスダストを除去する

ハウスダストには、ホコリやダニ、花粉、カビなどが含まれ、吸入アレルゲンとなりますが、皮膚が荒れていると皮膚からハウスダストの成分が侵入し、アトピーの原因となることがあります。
これらハウスダストは環境型アレルゲンといえます。

最近では住環境の欧米化や大気汚染に伴い、環境型アレルゲンが多様化しています。
環境型アレルゲンを完全に除去することは不可能に近いといえるでしょう。
でもお掃除や換気でその数を減らすことはできます。

ハウスダストは気管支喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の原因となります。
ハウスダストにもホコリやダニ、カビ、花粉などさまざまですが、中でもダニはアトピーの主要な原因といえます。

ダニの繁殖は温度25℃前後、湿度70%前後くらいが最も盛んで、人間の生活しやすい条件と非常によく似ています。
ダニと人間は共生しているといってもよいでしょう。

ハウスダストに含まれるダニは約30種のダニがいますが、アトピーの原因であるダニはヒョウヒダニといわれ、人の目には見えないほど小さいです。

アトピーの原因となるのはたんぱく質や、たんぱく質と糖類の混合した物質などの成分でできています。
ダニはダニたんぱく質という成分を持っており、これは生きたダニ、ダニの死骸や糞、体液に含まれていて、中でも糞はアトピーの主要な原因です。

ダニは夏場に最も数が増え、その後死んだダニが多くなり、死骸の成分が糞とともに空中に浮遊します。
これはアトピーだけでなく、喘息発作の原因ともなります。

床材では絨毯や畳にダニは多く、板材にはあまりいません。
また日あたりの悪いところにもダニは多くいます。
他にもダニは毛布、掛け布団、マットレス、敷布団、布製ソファーやぬいぐるみにもたくさんいます。

ダニは人やペットのフケを栄養源としていますから、まずこれを少なくすることが大切です。
必ず毎日掃除をすることはもちろん、換気や湿度対策も必要です。

掃除機は吸引力が強く、フィルターの目の細かい掃除機であれば、ハウスダストを多く除去してくれます。
またサイクロン式の掃除機であれば、ハウスダストをそのまま捨てられるので便利です。

また掃除機をかける前に濡れた雑巾などで床や畳などを拭くと、ダニやカビが飛散するのを抑えることが出来ます。
空気清浄機は空中に浮遊するダニやカビなどのハウスダストを効率よく除去してくれるので、おすすめです。

また寝具や家具も洗えるものはよく洗うようにします。
カビ対策としては、湿気の多い時期はエアコンを付け、湿度が上がらないようにしましょう。
お風呂やトイレの換気も大切です。