アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

アトピーの原因は遺伝だけではない

アトピー体質は遺伝的体質、つまり親のアトピー体質が強く影響していることが考えられます。
しかし親がアトピー体質だからといって、子供も必ずアトピーを発症するわけではありません。
遺伝的要因がアトピーの原因であったとしても、それよりも環境的要因のよるところも大きいのです。

またアトピーの遺伝的要因が原因で生じるのはアトピーだけではなく、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症などさまざまです。
遺伝の予防としては、アトピー体質であることを避けるための遺伝子操作が考えられますが、現実的ではありません。
それよりも生まれてから成長するまでの環境整備でアトピーの発症を抑えることが大切なのです。

つまり生活環境や生活習慣を改善することが重要だということになります。
アトピーを発症するのは、アトピーの原因であるアレルゲンがアトピー体質の人の体内に侵入したときなので、このアレルゲンにどう対処するかということです。
つまりアレルゲンを避けることです。

食べ物が原因であるならば、その食べ物を摂取しないようにします。
また赤ちゃんがアトピーである場合、直接アトピーの原因である食べ物を摂取しなくても、親が摂取していれば、母乳を通してアレルゲンを赤ちゃんに送り込んでしまいます。

それからダニやカビなどのハウスダストがアトピーの原因であるならば、掃除や換気をして清潔な状態を保つようにします。

また皮膚のスキンケアをして、皮膚のバリア機能を強化することも効果があります。
アトピーの原因は遺伝よりも、環境的な要因であることが多いので、食習慣や生活環境を見直し、アトピーの原因を取り除くように改善することが大切なのです。