アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

かゆみ対策

アトピーに発症した皮膚は過敏になっていて、刺激(ダニ、汗など)に対してかゆみが生じ、そのかゆみのために自分で掻きむしり、ますます湿疹などの炎症を悪化させる原因になります。

対策としては、まずはかゆみを抑えることが大切です。
そのためには皮膚を清潔に保つスキンケアをします。

スキンケアは皮膚を清潔に保ち、皮膚の乾燥を防ぐために保湿剤で皮膚を保護することが基本です。
皮膚がジュクジュクしているとき、黄色い汁が出ているとき、特に夏場の汗をかきやすいときはシャワーを浴び、皮膚を清潔にしてからスキンケアをするようにします。

入浴時の石鹸はなるべく低刺激の無添加石鹸を使い、良く泡立てて皮膚をやさしく洗います。
刺激や乾燥はアトピーを悪化させる原因となりますので、やさしく洗うことがポイントです。

保湿剤は非ステロイド軟膏、ワセリン、亜鉛華軟膏などがありますが、自分に合う保湿剤を使うようにしましょう。
化粧水やクリーム、乳液などの保湿剤も有効です。
皮膚のかゆみは乾燥肌であることも考えられますから、セラミド成分を配合した化粧水なども効果的でしょう。
また皮膚の健康にはビタミンの摂取が不可欠です。

またどうしても痒いときは叩くことも原始的ですが、有効です。
痒みを我慢できないからといってアトピーの炎症部を掻くのは絶対に禁物です。

またステロイド軟膏もある程度使わなければ、アトピーは治療できないと言われています。
ステロイドというとどうしても副作用があり、拒否反応を起こす人もいますが、アトピーにとっては有効な治療薬です。
ステロイドは、適切なタイミングで適量を塗布することで副作用は防げます。

最初にしっかりと使い、徐々にステロイドの量を減らしていくことが大切です。
ただし、見た目がきれいになったからといって、急にやめるのは禁物です。ステロイドの治療が長引く原因となります。
ステロイドは一時的にアトピーの炎症やかゆみを抑えているだけですから、アトピーの原因を把握し、アレルゲンを除去する必要があります。

なお、かゆみを抑えるのに即効性があるのは、サラヴィオ美容液がおすすめです。
気になるアトピー痕や色素沈着も改善すると評判です。