アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

アレルギーマーチ

アトピー性皮膚炎を発症した赤ちゃんや子供は成長とともに治ることはよくあります。
しかし、成長とともに疾患がアトピーから形を変えて発症することがあります。
これをアレルギーマーチといい、アトピーから気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症へと疾患が変化していきます。

マーチとは「行進」、つまりアレルギーの行進ということです。
アトピー性皮膚炎は赤ちゃんが生まれて間もなく発症しますが、原因としては食べ物であることが多いです。

これは消化器官が未発達であり、たんぱく質などの異物がうまく分解されずに体内に吸収されるためです。
しかし人間は成長とともに消化力は強化されるため、アトピーは改善していきます。

成長してもアトピーが治らない場合は、アトピーの原因はダニなどのハウスダストに変わっている可能性があります。
アトピーの原因がいつまでも食べ物であるとは限らないのです。

アトピーの症状も赤ちゃんの頃は顔、頭、胸に現れやすく、ジュクジュクして黄色い汁が出るといった症状ですが、成長とともにひじやひざの内側に現れやすくなり、部分的に乾燥するようになります。
アトピーは成長とともに気管支喘息へと移行し、さらにアレルギー性鼻炎になります。

アレルギー性鼻炎の原因としてはダニや花粉です。
アトピーはアレルギー疾患の初期症状といわれますが、アトピーを発症したら、アレルギー素因を持っているということですから、喘息や鼻炎を発症することはよくあります。

アトピーは初期のうちに治療と体質の改善に専念することで、アレルギーマーチへと移行する可能性は大幅に減少します。
お子さんをよく観察し、疾患を見極める必要があります。