アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

妊娠したときのアトピー対策

アトピーなどのアレルギー素因は遺伝が原因であるといわれます。
家族にアレルギー疾患があった場合、子供は高い確率でアレルギー体質になります。

しかし妊娠時の食事に気を付けることで、赤ちゃんのアレルギー体質をかなり改善することが出来ます。
胎児は妊娠末期に免疫反応である抗体がつくられますから、この時期の母親の食事が原因でアトピーになることもあります。

胎児は母親の食べたものを胎盤を通して栄養としていますから、アトピーの原因であるアレルゲンも、胎盤から吸収されるわけです。
食物アレルギーの三大アレルゲンである卵や牛乳は、もっともアトピーの原因になりやすい食品ですから、過度な摂取は避けるようにしましょう。
しかし、たんぱく質がアトピーの原因になりやすいのですが、妊娠中は栄養をたくさん摂取しなければなりませんから、偏って摂取しなければ問題はありません。
良質なたんぱく質である肉や魚をバランスよく食べることも大切です。

子供がアトピーにならないように食事制限をすることはあまりおすすめできません。
母親がアトピーであるからといって、アトピーの原因である食べ物をまったく摂取しないというのは、胎児の健康に影響しますから注意してください。

また母乳はアトピーの予防対策に有効だといわれています。
アトピーはIgEという抗体がアレルギー反応を起こすことで発症しますが、このアレルギー反応を抑制するのがIgAという免疫です。

母乳にはこのIgAという抗体が大量に含まれていますから、赤ちゃんの免疫機能を向上させることが出来ます。
ただし、母親が過度にアトピーの原因となりうる食品を摂取していると、母乳を通して赤ちゃんにアレルゲンを送り込んでしまいますから、注意が必要です。
たんぱく質も必要な栄養素ですから、過度に摂取しないようにすれば問題はありません。

また人工のミルクは母乳よりもアトピーになりやすいのといわれます。
ただし、母乳が出ない場合、ミルクに頼らざるを得ないと思いますので、その場合はなるべくアレルゲンをアミノ酸まで分解した低アレルギーミルクを使うようにしましょう。