アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

乳酸菌で体質改善

腸内には人間の免疫機能の約70%が集中しているといいます。
免疫力を保つには、腸内環境が正常であることが大切です。
腸内環境が良好であれば、病気にもかかりにくくなります。
このことは、アトピーについても同じことがいえます。

アトピーになる原因は食物アレルギーの場合、たんぱく質などの消化不良が主な原因です。
つまり消化酵素や腸内の働きが活発でないとアトピーを発症する原因となります。

腸内環境を整える食品として乳酸菌が有名です。
乳酸菌にはビフィズス菌やラクトバチルス菌など、さまざまな種類があります。
作用としては、腸内環境のバランスを回復する整腸作用、消化器症状の改善、免疫力増強、発ガン抑制作用、コレステロール抑制作用などです。

腸内の細菌には善玉菌と悪玉菌がありますが、細菌の総数は決まっていて、善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、悪玉菌が増えれば善玉菌が減るのです。
乳酸菌は腸に届くまでに死滅するといいますが、生きて腸まで届く乳酸菌もありますし、乳酸菌の死骸も善玉菌のエサとなるので有効です。

乳酸菌を含む食品として、ヨーグルトや味噌、納豆などの発酵食品があります。
ただし、どの食材にアレルギーを持つかは人によって異なるので、アレルギーの原因となる食品は摂らないようにしましょう。

またオリゴ糖も善玉菌のエサとなり、善玉菌の働きを活発にしてくれますので、合わせて摂取したいものです。
糖質といっても砂糖はアトピーを悪化させます。

砂糖は消化される際にビタミンを消費するため、皮膚の健康によくありません。
またビタミンはヒスタミンの生成を抑える働きがありますから、砂糖の摂取は控えましょう。

また、食物繊維を多く摂ることもおすすめします。
例えば、野菜や果物です。

これらは老廃物を排出してくれるので、腸内環境の改善に有効です。
善玉菌を増やし、腸内のバランスを整えることによって、アトピーは改善する可能性は高いです。

肉や油はアトピーの原因になりやすいですが、過度に摂取しなければ問題はありません。
逆に全く摂らないと体力が無くなってしまうので、最低限摂取する必要はあります。

またごぼう茶は食物繊維が豊富なため、便通が良くなると評判のお茶です。
食事のバランスを考え、食生活を改善していきましょう。