アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

なぜアトピーにオリゴ糖がよいのか?

近頃、オリゴ糖にさまざまな効果があるとして、注目を集めています。
実はオリゴ糖はアトピー性皮膚炎の症状の改善に一定の貢献をするとみられています。

アトピーは皮膚で起こったアレルギー反応が原因です。
アトピーは外部の刺激に対して、免疫機能が過剰に反応してしまうために発症します。
このアレルギーの症状を緩和する役割が、オリゴ糖にはあるのではないかとみられています。

最近の研究で、腸内環境がアレルギーに深く関わっていることがわかってきました。
つまり腸内環境の悪化がアトピーを発症させるのです。

腸内環境が悪化すると、体の免疫力が低下します。
また消化力も弱まるため、アレルギーの原因である異物は容易に体内に侵入してしまいます。

腸には体の免疫細胞の70%が集まっています。

アトピーのつらい症状のほとんどは、人間の体に備わっている免疫の過剰反応から起こっていますから、腸内環境を整えることによって、薬に頼らずにアトピーの症状を改善させる体を作っていくことが期待できます。
またアトピーに限らず、さまざまな病気から身を守るには、腸内が元気である必要があるのです。

腸内環境を整える成分に乳酸菌が有名ですが、乳酸菌は腸に届くまでに多くが死滅してしまします。

しかし乳酸菌の死骸も腸内の乳酸菌のエサになりますから、乳酸菌を摂取することは全く無駄ではないのですが…。

乳酸菌以外にも、オリゴ糖は腸内環境を正常化させるといいます。
それはオリゴ糖が腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌の働きを活性化させるからなのです。

オリゴ糖には様々な種類がありますが、アトピーに対しては北海道産のテンサイから抽出されたラフィノースというオリゴ糖がよいといわれています。
砂糖はアトピーの炎症やかゆみを悪化させますから、砂糖をオリゴ糖に変えてみるのも効果的です。