アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

大人アトピー

大人アトピーは環境が原因であるといわれます。
例えば免疫機能の異常が考えられます。

ストレスや睡眠不足といった不摂生な生活習慣が自律神経を狂わせ、免疫機能を低下させます。
免疫力の低下は、アトピーを発症しやすくさせます。

現代社会においては、さまざまな化学物質に取り囲まれています。
水道水には塩素、インスタント食品には食品添加物、車の排気ガスなどの化学物質が体の免疫機能を混乱させていることもアトピー発症の原因となります。
住環境の欧米化に伴い、ハウスダストも深刻なアトピーの原因となっています。

これらのいわば環境に起因するアトピー発症に対応するには、体質の改善を図り、住環境を清潔にすることで対処していくしかありません。

まずは食事の改善です。
肉や卵、牛乳などのたんぱく質の過剰摂取は避けることです。
たんぱく質などの過度の摂取はアトピーの原因となります。

また暴飲暴食も胃や腸に過度な負担をかけ、消化機能の低下をもたらします。
昔から腹八分といいますが、これはとても理にかなったことなのです。

そして乳酸菌や食物繊維を摂取し、有害物質を分解、排泄します。

また入浴による新陳代謝の活性化を図ります。

水道水を使用すると、塩素が発生するため、出来ることなら水道水は使わない方がよいです。
塩素は皮膚や腸のバリアを破壊するため、アトピーの原因であるアレルゲンを体内に侵入させてしまいます。

そして十分な睡眠を摂ることです。
夜10時から夜中の2時はゴールデンタイムと呼ばれますが、この時間に睡眠を摂ることでホルモンのバランスを調節します。

睡眠は質も影響します。
よい睡眠をとるには、きちんと入浴をして、リラックスできる時間をつくることです。

寝る前にカフェインやアルコールを摂取することもよい睡眠を阻害する原因となりますので、控えてください。
睡眠は90分置きに周期がきますから、90分単位の睡眠をおすすめします。