アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

アトピーの症状

アトピー性皮膚炎の主な症状としては皮膚のかゆみと湿疹です。
アトピー性皮膚炎の湿疹は左右対称に出て、乾燥肌の上に湿疹などの炎症が起こります。

乾燥肌であるのは、皮膚の角質の中にあるセラミドが不足しており、水分含有量が少ない状態です。
アトピーにかかるとセラミドが減少し、アトピーの発症や悪化の原因となります。

またアトピーはかゆみが激しく、慢性的であることも大きな特徴と言えます。
また、アトピーは年齢によって少しずつ変化し、部位が変わっていきます。

乳児期では顔、頭、耳にアトピーが現れることが多く、炎症部位から分泌物が出て、ジュクジュクします。
強いかゆみを伴いますから掻きむしることが多く、二次的な細菌感染であるとびひになることもあります。

幼児期になるとだんだんと体の下の方に広がり、体全体とくに首、手足、腕やひざの裏などに症状が現れ出します。
乳児期に比べると、乾燥していることが多く、とり肌のようになることもあります。
当然かゆみも伴います。

思春期になると、湿疹は全身に現れ、乳児期や幼児期に比べると、さらに悪化したものになります。
発症部位としては、顔や首、胸、腕やひざの裏などが多く、皮膚は炎症、肥厚してこけのようになり、肌は赤褐色になったり、色素が沈着したりします。

大人になってアトピーを発症する人も増えているようですが、大人のアトピーは強いかゆみと湿疹が治りにくいという特徴があります。
皮膚が乾燥して、厚く硬い皮膚になります。
慢性化すると、色素沈着して、皮膚が黒くなったります。