アトピー性皮膚炎

なぜ発症する?

炎症とかゆみを治す

体質改善

管理人紹介


質問コーナー


コラム


お役立ちリンク


お問い合わせ


おすすめサイト

ステロイドの副作用

ステロイドはアトピーをはじめとしたアレルギー疾患の治療に使われています。
強い抗炎症作用と免疫抑制作用があり、アトピーの治療としては有効な薬剤です。
アトピーの場合は主に外用薬として使用されます。

ステロイドを使わずにアトピーを治療するのは困難だといわれますが、怖いのはその副作用です。
ステロイドは長期に大量投与すると、全身的な副作用が出ることがあります。
外用薬ではこういった全身的な副作用は生じる可能性は低いですが、局所的な副作用は起こりえます。

例えば同じ部位に大量に、長期にわたってステロイドを投与している場合、次のような症状が出ます。
まず皮膚萎縮や毛細血管拡張です。ステロイドは細胞の増殖を抑制しますから、皮膚が薄くなり、毛細血管が拡張して、皮膚から透けて見えるようになります。

またホルモン作用により、ニキビや多毛が起こります。
免疫力が低下して、ヘルペスなどの感染症を引き起こしやすくなります。

ただし、ステロイドは適切な量を適切なタイミングで処方すれば、副作用は発症せず、アトピーに対しては、かゆみや炎症がなくなり、有効な治療薬です。
ステロイドだけでアトピーは治ったことにはなりませんが、上手に付き合うことでアトピーの症状は改善します。

大事なことは、アトピーの原因であるアレルゲンをいかにして避けるかということです。
またステロイドによって、一時的に皮膚の炎症が治まったからといって、急に服用を中止するのはやめましょう。

ステロイドを急にやめると、逆にアトピーの症状が悪化します。
これをステロイドのリバウンドといいます。リバウンドの症状が出た場合は、さらに強いステロイドを使うとアトピーは悪化する一方です。

ステロイドは徐々に強さを弱くしていく方が効率的な治療となります。